ダイエットによる血糖値の変化と影響

過度なダイエットによって引き起こされる現象には、急激な体重の減少に加えて、血糖値が不安定に変化することがあります。食べ過ぎを抑制するのは大切なことですが、あまりにも行き過ぎた減量をすれば、体は変化に敏感に反応するようになります。明らかなエネルギー不足が発生して、本来の自然治癒力を維持することも難しくなり、病気に対しても弱くなる可能性があります。
糖質を極端に制限するダイエットでは、主食の存在が欠落して、栄養が乏しい食事が中心になってしまいます。糖質を極端に抑えた影響で、血糖値の急激な低下を招き、結果的には低血糖の症状を引き起こす可能性も考えられます。高血糖と同様に低血糖も困った症状ですから、本来は規則正しい食事によって解決すべきことです。
ダイエットの生活には規則正しいリズムがあれば、血糖値は常に安定するようになり、体全体の健康増進のためになります。焦って短期間に痩せようとはせずに、数ヶ月の余裕を持ってダイエットに取り組めば、急激な変化を緩やかなものにすることができます。
過度なダイエットをする場合には、極端な完璧主義に支配されるようになり、間食も受け付けない状態になります。ところが、間食を完全にやめてしまえば、欲求不満が頂点に達することも考えられます。適度な間食をすることで、血糖値の急激な低下を防ぎ、ダイエットを持続可能なものにすることができます。
ダイエットによる血糖値の変化は、食事に関する生活習慣の結果と言えるものですから、基本に忠実でなければ問題になります。ダイエット中であっても最低限の量の糖質を摂取するために、主食と副菜のバランスに配慮して、総合的に充実した料理を食べる習慣を身に付けることが重要です。